Author: addminz | Date: 2015年2月22日 | Please Comment!

みなさんは一軒家、マンション、アパートなど、どんなおうちに住んでいますか?

東京都内の中心地では最近高層マンションが多く建てられるようになりました。

そうしたハイグレードなマンションに住むことがひとつのステータスとなってきたのです。

しかし、もちろん一軒家を建てるという憧れを抱く方も多いでしょう。

賃貸では壁に画鋲を刺すのにも気を使いますし、自分たち家族だけが自由に使える家を持ちたいと思うのは当然のことでしょう。

近年は東京という狭い土地の中で家を建てるにあたって、デザイン住宅を建てるという選択をする方が増えています。

一軒家を購入するとなった場合、建売住宅と言って既にできている住宅を土地ごと買う方法と、注文住宅と言って自分たちの希望に沿って設計から依頼する方法があります。

デザイン住宅とは特に定義があるわけではありませんが、注文住宅の中でもさらにデザインや内装をこだわって、独自のスタイルの家を建築家の方に設計してもらう住宅です。

条件の悪い土地や狭い土地を有効利用するために、特別に設計してもらうわけですね。

デザイン住宅という言葉について、もう少し詳しく説明いたしましょう。

家づくりの中で、最近特に注目されてきています。

デザインというと、外観のオシャレさという点に一番に目が行くと思いますが、デザイン住宅で大切なのは外観のオシャレさだけではありません。

もちろん、外観から内装のイメージの統一というのはデザインにおいて重要なことであり、専門の建築家に任せることで素材からこだわった自分だけの家が作れます。

しかし、住宅は外を見せるためだけにあるのではありませんね。

住宅とは住むためにあるものです。

ですから、デザイン住宅のもうひとつ重要な点は、独自の生活スタイルに合わせた空間を作り上げることです。

特に東京のような条件の悪い土地や狭い土地では、こうした工夫が実際住んで生活するとなったときに物を言うのです。

たとえばこちらの会社が手がけた住宅を見てみてください。

デザイン住宅を東京で建てる方法を見る

東京の狭い土地でも、工夫を凝らして住みやすく素敵な住宅になっていますね。

ですから東京で家を建てるなら、ぜひデザイン住宅を検討してみることをお勧めします。